オツイチ小説再生工場 工場日誌

読者参加型企画『オツイチ小説再生工場』の途中経過と、作家・乙一の謎に包まれた日常がわかる、乙一さん公式ブログです。

2012年10月27日(土)

VOCALOIDと文学

VOCALOIDの曲をいろいろと聴いています。
みなさんVOCALOIDというのはご存じでしょうか。初音ミクに代表されるようなやつですよ。今度、某有名P(VOCALOIDの曲をつくっている人のことを○○Pと呼ぶんですよ)と対談することになったのです。以前からニコニコ動画でたまにVOCALOIDの曲はチェックしていたんですが、ランキングに入っているような有名なやつしか聞いてこなかったんですよ、僕は。だからにわかなんですよ。すこしでも対談でいいことが言えるように予習しているんですよ。

ところでVOCALOIDには本質的に映画『ブレードランナー』とか映画『イノセンス』みたいなテーマが内包されているとおもうんですよ。「魂のない人形を愛せるかどうか」「あなたは存在しているのかどうか」「私のなかにある感情は真実なのかどうか」というような。VOCALOIDって中心が空白じゃないですか。合成された歌声なんですから。それが宗教絵画や仏像造りみたいなものを想像させられるんですよ。『桐島、部活やめるってよ』や『ツインピークス』もそうですよね。中心に位置する見えないもの、実存しないもの、不確かなものを、周囲の人たちがそれぞれのリアルを持ち寄って懸命にこの世界につなぎとめようとしているというか。議論しているというか。言質を持ち寄っているというか。それらの言質によって浮かび上がる空白こそに本質が宿り始めるというか。初音ミクは、公開されているイラストでさえもたんなる記号であって本質ではないのかもしれない。その見えざる本質を曲という形の実存でそれぞれが表現しているというか。これまでの歌は肉声がそこに実存しているわけだから、もうその段階でOKじゃないですか。でもVOCALOIDは実存しないものをめぐる物語だとおもうんですよ。それが胸を突くというか。世界と齟齬をかかえている人にとって、特に十代にとって、他人事ではないのかもしれないなと想像するんですよ。

小説ってただの記号の羅列じゃないですか。マンガも、アニメも。肉体をともなわない記号の集積だとおもうんですよ。多かれ少なかれ作り手は、自分の作品が作りものであることを自覚しながら物をつくっているのではないかと。でも、それが受け手の中では真実になることもまた感じているんですよ。合成された歌声で作られた曲もまた、それとおなじだとおもうんです。VOCALOIDで曲をつくるということそれ自体が文学的だとおもうんです。だから、すべてのPに敬意と感謝を禁じ得ません。というようなことを最近はかんがえていました。あと、山田風太郎賞はもらえませんでした。




Posted by 乙一 at 23時55分

2012年09月30日(日)

ジョジョと犬童監督のおもいで


最近、舞城王太郎先生のジョジョのノベライズ『ジョージ・ジョースター』が出たじゃないですか。
それでちょっとおもいだしたことがあるんですよ。
僕も昔、ジョジョのノベライズを執筆したことがありましてね。
『The Book』という題名で出版されてるんですが、それを書くのに5年くらいかかってしまったんですよ。
といっても5年間その執筆だけやっていたわけでもなくて、生活費をかせぐためにいろいろな仕事をはさんでの5年間だったんですけど。
しかしまあその5年間、書き直しの連続で、何千枚もボツ原稿を量産しつづけていたわけですよ。
原稿から、ゴゴゴゴゴ、という音が聞こえてこなくて、うまくいってなかったわけですよ。

そんなときにですね、犬童一心監督にお会いする機会がありまして。
少人数での飲み会みたいな席だったんですよ。
僕がお店についたとき、すでに編集者や監督がいらっしゃってたんです。
僕がご挨拶をしていると、とある方が僕にこう言ったんですよ。

「ジョジョ、どうですか?」と。

僕は当然、ジョジョの執筆状況のことだとおもって、
「かんばしくないですねえ」と返事をしたんですよ。
そしたら場の空気が変になったんですが、そのときは意味がわからなかったんですよ。
後から気づいたんですよ。
その当時、犬童監督の映画『ジョゼと虎と魚たち』の試写がおこなわれていたんです。
どうやら僕になされた質問は、

「ジョジョ、どうですか?」

ではなくて、

「ジョゼ、どうでしたか?」

だったのではないかと。
つまりジョゼの感想を求められていたのではないかと。
監督を前にして「かんばしくないですねえ」などと言ってしまったのではないかと。
後になって、はっと気づいたのですが、
結局、犬童監督にそのことをお詫びしないままなのでした。

その日のことをおもいだすと、
うわ〜、となるんですよ。
どなたか、犬童監督に近しい方、
おつたえしていただけないでしょうか。
このような誤解があったのだと。

ほんとうに、すみません、犬童監督、、、、
「ジョゼ」もちろん最高でした。







Posted by 乙一 at 08時49分

2012年08月31日(金)

おひさしぶりです生きてます



どうも、オツイチです。

ひさしぶりにブログの存在を思い出しました。
近況報告ですが、子育てをしながら長編小説を書く日々です。


ところで最近、自宅で不審火がありました。放火です。
自転車カバーに火を点けられました。
家に燃え移らなくてよかったです。
おどろきました。

あとそれから、iPhone用のアプリを開発とかしています。
ほんとうに出るのだろうか。
しりあいのプログラマーさんがプロトタイプをつくったりしています。




Posted by 乙一 at 18時31分

過去の記事へ

2013

7


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

powered by a-blog

オツイチ小説再生工場 工場日誌
このブログの応援バナーができました!
自分のブログやサイトにはってどんどん応援しよう!
ダウンロードはこちらから!

ページのトップへ

ログイン