オツイチ小説再生工場 工場日誌

読者参加型企画『オツイチ小説再生工場』の途中経過と、作家・乙一の謎に包まれた日常がわかる、乙一さん公式ブログです。

2013年07月07日(日)

急におもったけど


『本の旅人』という雑誌にエッセイを書きました。
まだこれから出版されるやつです。
作家デビューした直後の顛末をおもいだしながら書いたのですが、
急に不安におもったことがありまして、、、

その昔、インタビューで、
「ワープロの練習のために小説を書き始めた」
というような回答をしたんですよ。
だけどもちろんそれだけじゃないですよ。
賞金もねらっていましたよ。
昼ご飯を抜いてライトノベルを買っていたような金欠状態でしたから。
あかほりさとる先生の本は一日で読んでしまえるし、
次々と発売されるので、慢性的にお金が足りなかったんですよ。
バイトもしてなかったし。
だけど「ワープロの練習のために」というのもほんとうなんですよ。
ワープロもパソコンもほとんどあつかったことがなくて、
タイピングというのは英語を話すくらいむずかしいことだとおもいこんでいたんです。
タイピングの特訓のために何か文章を作ろうというのが、
小説を書き始めるときの動機のひとつではあったんです。あと賞金。


で、不安におもうこと、というのは、今さらなんですけど、
「ワープロの練習のために書いた小説で作家デビューしました」
という表現になると、
なんだか自分の天才性をアピールしている人みたいで痛いぞとおもったんですよ。

今さら不安になってきたんですよ。
インタビュアーの方に、天才性をアピールしているとおもわれたんじゃないかと、、、
「みんなが必死に努力して作家デビューを目指しているところもうしわけないけど、僕はワープロの練習で書いた小説でさくっとデビューしちゃったんです」
という風に受け取られていたらどうしようかと。
急に、エッセイを書いていて、そうおもったんですよ。


ちがうんですよ、、、
ああ、、、






……というブログを書いたところ、
「一日で読んでしまえる」という表現はあかほり先生に対して失礼にあたるのではないか、という不安が浮上しました。
「読みやすい」「おもしろい」という意味で書いたのです。
念のため、追記でした。

Posted by 乙一 at 18時34分

2013

7


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

集英社WEB文芸「レンザブロー」

オツイチ小説再生工場 工場日誌
このブログの応援バナーができました!
自分のブログやサイトにはってどんどん応援しよう!
ダウンロードはこちらから!

ページのトップへ

ログイン